音楽の勉強に終着点はありませんが 年齢や学閥などを超えて

本当に必要なことを多角的に勉強出来たらとの思いから、

このMPA音楽院をスタートしました。

1年目よりさらなる発展を目指して、新たなクラスの開講もスタートします。

さらなるステップアップを目指している意欲的な方、

今までの勉強に漠然とした不安を感じている方など

音楽を愛する多くの方々の参加をお待ちしております。

Instagram

Classic LAB.

特別講師陣による世界レベルのレッスン指導。
横山幸雄/ピアノ
  • 演奏研究クラス(グループレッスン)
    マスターコース1(小学 4 年~中学生)
    マスターコース 2(高校生~大学生以上)
  • 特別講座(聴講型講座/一般向け)
  • 特別個人レッスン
上原彩子/ピアノ
  • 特別個人レッスン

田村響/ピアノ

  • 特別個人レッスン
会田莉凡/ヴァイオリン
  • アンサンブルコース
今野尚美/ピアノ
  • 個人レッスン
川田健太郎/ピアノ
  • 個人レッスン
梅田智也/ピアノ
NEW
  • 個人レッスン

神原颯大/ソルフェージュ

NEW
  • ソルフェージュコース(グループレッスン)

◎演奏研究クラス

ピアノの勉強を続けてきて、どんなに練習をしても行き詰まりを感じたりすることがあるとする ならば、それは多くの場合基礎的な部分の土台の脆弱さと、理論的なバックボーンの欠如による ことが多いと感じています。 それらは実は多くの人に共通する課題で、たとえ今問題が露呈していなくても、また漠然とはわ かっていることでも、その部分を強化することから得るものは相当に大きいと思っています。 それを実際の講座内で演奏にも参加しながら感じ、ステップアップの起爆剤にしていただけた らと思います。

◎特別講座

特別講座では、より対象者を広げて講座の聴講という形でまずは目と耳で確かめていただきた いと思っています。 また、ひとつのジャンルの題材を継続的に取り上げることでの理解を深めていただくことも目的 のひとつとしています。

◎アンサンブルコース

アンサンブルコースでは、ピアノの生徒に対して、一流のヴァイオリニストの視点からレッスンを 行います。ピアノとヴァイオリンが対等な立場として書かれたヴァイオリンソナタを用いて、弦楽 器ならではの音程の幅へのアプローチ、ボーイング、音色、呼吸等、あらゆる角度から、ピアノレッ スンだけでは補えない感性、感覚、耳を育てる事を目指します。

◎ソルフェージュコース

NEW
ソルフェージュは楽譜を読む力といわれますが、必要なのは音符やリズムを正しく読むことだけではありません。 調や和音、テンポや音型などの性格やその変化を感じとり、作曲家の意図や演奏表現の手がかりまで、 楽譜から読み解く情報を増やすことが大切になります。 このコースでは、基礎的な知識の習得をベースに、演奏する上で助けになる和声感やリズム感、 音楽的な感性を育てることを目的としています。

Pops LAB.

ポップスストリングス界の未来を創る

次回、募集が決まりましたらお知らせします。

Classic LAB.

特別講師陣による世界レベルのレッスン指導。
横山幸雄/ピアノ
  • 演奏研究クラス(グループレッスン)
    マスターコース1(小学 4 年~中学生)
    マスターコース 2(高校生~大学生以上)
  • 特別講座(聴講型講座/一般向け)
  • 特別個人レッスン
上原彩子/ピアノ
  • 特別個人レッスン

田村響/ピアノ

  • 特別個人レッスン
会田莉凡/ヴァイオリン
  • アンサンブルコース
今野尚美/ピアノ
  • 個人レッスン
川田健太郎/ピアノ
  • 個人レッスン
梅田智也/ピアノ
NEW
  • 個人レッスン

神原颯大/ソルフェージュ

NEW
  • ソルフェージュコース(グループレッスン)

◎演奏研究クラス

ピアノの勉強を続けてきて、どんなに練習をしても行き詰まりを感じたりすることがあるとする ならば、それは多くの場合基礎的な部分の土台の脆弱さと、理論的なバックボーンの欠如による ことが多いと感じています。 それらは実は多くの人に共通する課題で、たとえ今問題が露呈していなくても、また漠然とはわ かっていることでも、その部分を強化することから得るものは相当に大きいと思っています。 それを実際の講座内で演奏にも参加しながら感じ、ステップアップの起爆剤にしていただけた らと思います。

◎特別講座

特別講座では、より対象者を広げて講座の聴講という形でまずは目と耳で確かめていただきた いと思っています。 また、ひとつのジャンルの題材を継続的に取り上げることでの理解を深めていただくことも目的 のひとつとしています。

◎アンサンブルコース

アンサンブルコースでは、ピアノの生徒に対して、一流のヴァイオリニストの視点からレッスンを 行います。ピアノとヴァイオリンが対等な立場として書かれたヴァイオリンソナタを用いて、弦楽 器ならではの音程の幅へのアプローチ、ボーイング、音色、呼吸等、あらゆる角度から、ピアノレッ スンだけでは補えない感性、感覚、耳を育てる事を目指します。

◎ソルフェージュコース

NEW
ソルフェージュは楽譜を読む力といわれますが、必要なのは音符やリズムを正しく読むことだけではありません。 調や和音、テンポや音型などの性格やその変化を感じとり、作曲家の意図や演奏表現の手がかりまで、 楽譜から読み解く情報を増やすことが大切になります。 このコースでは、基礎的な知識の習得をベースに、演奏する上で助けになる和声感やリズム感、 音楽的な感性を育てることを目的としています。

Pops LAB.

ポップスストリングス界の未来を創る
ベーシックコース(基礎コース)
  • (グループレッスン) 受講生すべての方必須となります。授業形態はグループレッスン、聴講型講義が主となります。各コースに共通する、発音、音色はもちろん、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを 演奏するにあたっての、基礎をもう一度勉強していただくレッスンです。
  • 個人レッスン 各コースの内容はもちろん、一人一人に合ったレッスン内容になります。個々のレベル、 ジャンルに合わせ、レッスンしていきます。
◎アーティストコース
ソロアーティストとして、メロディを奏で表現していきたい方へのコース。説得力のある表現方法、音色作り、音程感、テクニックなどを身につけるだけでなく、ステージパフォーマンス、セルフプロデュースなどアーティストとして必要なことを学んでいくコースです。
◎サポートミュージシャンコース
ロックバンドなどに参加する、バンドマンを目指す方へのコース。バンドの中におけるストリン グスの必要性、楽曲の内容に準じたキャラクターの変化、グルーブ、音程、アレンジ能力、ライブ における専門的な機材、音色のつくりかたなどを学んでいくコースです。
横山幸雄

Classic LAB. プログラムエグゼクティブオフィサー Piano

Classic LAB

1990年第12回ショパン国際コンクールにおいて、歴代の日本人として最年少で入賞。文化庁芸術選奨文部大臣新人賞等受賞。2010年ポーランド政府より、ショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行った世界で100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」が授与される。2010年「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」及び2011年「212曲」を演奏し、「24時間でもっとも多い曲数を一人で弾いたアーティスト」としてギネス世界記録に認定。2011年デビュー20周年記念コンサートでは、チャイコフスキー、ラヴェル、ラフマニノフの協奏曲を一晩で演奏し、満場の喝采を博す。2013年からベートーヴェン生誕250周年に向けてのシリーズ「ベートーヴェン・プラス」をスタートさせるなど、自ら企画する数々の意欲的な取り組みにより、高い評価を確立している。エリザベト音楽大学客員教授、日本パデレフスキ協会会長。2019年度から名古屋芸術大学特別客員教授。

オフィシャルサイトhttp://yokoyamayukio.net/

上原彩子

Piano

Classic LAB

2002年第12回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門において、女性としてまた、日本人として史上初めての第一位を獲得。第18回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。これまでに国内外での演奏活動も意欲的に行ない、2004年12月にはデュトワ指揮NHK交響楽団と共演し、2004年度ベスト・ソリストに選ばれた。2006年1月10日には「日本におけるロシア文化フェスティバル2006」オープニング・ガラコンサートでゲルギエフ指揮マリンスキー管弦楽団と2007年1月にはベルリン・フィル八重奏団と共演、また、2008年9-10月にはクリスチャン・ヤルヴィ指揮ウィーントーンキュンストラー管弦楽団とのオーストリア及び日本ツアーを行ない、2017年3月には、ベルリン及び日本国内4都市において、エリアフ・インバル指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団と共演、高い評価を受けた。東京藝術大学音楽学部早期教育リサーチセンター准教授。2019年度から名古屋芸術大学特別客員教授。

田村響
Classic LAB Piano

Classic LAB

2002年ピティナ・ピアノコンペティション全国大会特級最年少グランプリ。エトリンゲン青少年国際ピアノコンクール第2位、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクール第1位。2007年ロン・ティボー国際コンクール優勝。
NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団をはじめとする全国の主要オーケストラ、ケルン放送交響楽団、カンヌ管弦楽団、トリヤッティ・フィルハーモニー管弦楽団、カイロ交響楽団、ベトナム国立交響楽団などと共演。演奏活動はフランス、ドイツ、オーストリア、ポーランド、オランダ、イタリア、ロシア、エジプト、ブラジル、中国、台湾、ベトナムに及ぶ。
アリオン賞、出光音楽賞、文化庁長官表彰・国際芸術部門、安城市市民栄誉賞、ホテルオークラ音楽賞、文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞、愛知県芸術文化選奨文化新人賞、京都市芸術新人賞を受賞。現在京都市立芸術大学専任講師、名古屋芸術大学アーティスティック・プロフェッサー。

会田莉凡
Violin

Classic LAB

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース在学中に第81回日本音楽コンクールにて第1位、併せて全部門の中で最も印象に残った演奏に贈られる増沢賞、レウカディア賞、黒柳賞、鷲見賞を受賞。2010年ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位・併せて全部門グランプリを受賞。2018年第7回秋吉台音楽コンクール弦楽器部門第1位ほか多数受賞。これまでにソリストとしてルーマニア国立放送響、東響、東京フィル、東京シティフィル、群響、セントラル愛知響、大阪響、九響など国内外のオーケストラと共演を重ねる。サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭に毎年参加するほか、東京・春・音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、武生国際音楽祭、水戸室内管弦楽団に参加。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀に10年連続で参加し、小澤征爾氏指揮のもとソリストやコンサートマスターを務め、2015年に「クァルテット奥志賀」を結成。2016年ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール第1位。
2016年川田知子氏とデュオCDをリリース。これまでに岩澤麻子、鷲見健彰、徳永二男の各氏に師事。室内楽を小澤征爾、原田禎夫、川本嘉子、川崎洋介、ジュリアン・ズルマンの各氏から指導を受ける。京都市交響楽団特別客演コンサートマスター、札幌交響楽団コンサートマスター。名古屋芸術大学特別客員教授。

今野尚美

Piano

Classic LAB

18歳より英国王立音楽院に留学。ピアノをアレキサンダー・ケリー、ヘイミッシュ・ミルン、ジョセフ・サイガーの各氏に、室内楽をマイケル・デュセック、ジェフリー・ブラットリーの各氏に師事。首席卒業後、同音楽院大学院に進みディプロマを得て卒業。在学中、数々の学内コンクールに優勝およびに入賞。イタリア・シエナキジアナ音楽院・室内楽部門でディプロマ名誉賞・特別賞を受賞。イタリア・パロマドーロ国際室内楽コンクールにて最高位、ならびに新曲最優秀賞受賞。ロイヤルアカデミー・シンフォニエッタ、イングリッシュ・シンフォニア、ヘイヴァーヒル・シンフォニア、東京シティ・フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などと協演。全国各地でのリサイタル、室内楽の他、またイギリス留学時代からのライフワークである病院、福祉施設、美術館、小・中学校、幼稚園などコンサートホール以外の場所での演奏活動も多く、音楽劇の企画、作曲・編曲、音楽講座など、活動は多岐にわたる。名古屋芸術大学准教授。

川田健太郎
Classic LAB.&Pops LAB. プログラムオフィサー Piano

Classic LAB

東京都新宿区出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生としてチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院本科を卒業。
第51回全日本学生音楽コンクール中学校の部東京大会奨励賞、第14回かながわ音楽コンクール第1位、第1回青少年盛岡国際ピアノコンクール第3位、第4回東京音楽コンクール第3位、第15回ラフマニノフ国際ピアノコンクールファイナリストなど受賞。令和3年度愛知県芸術文化選奨文化新人賞受賞。これまでにソリストとして、東京フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、九州交響楽団など、日本の主要なオーケストラと数多く共演。
活動の場は幅広く、映画「のだめカンタービレ」、日本テレビ系金曜ロードSHOW!「ルパン3世グッバイ・パートナー」をはじめ、CM、ドラマ、アニメ、舞台など様々な音楽シーンで活躍。
2021年3月~5月に開催されたシンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷~ひかりを聴け~」(恩田陸原作)では、横浜、大阪、福岡、全20公演のピアニストとして劇中ピアノ、ピアノコンチェルトを演奏、好評を得る。 クラシックのみならず、NAOTO、辛島美登里、倉木麻衣、中村中、三浦大知、家入レオ、ヒグチアイ、中川晃教、藤原道山など、ジャンルを越えたアーティストとの共演を重ね、フレキシブルな活動を展開している。
若い次世代の芸術家の活動支援を目的とした「NPO法人芸術・文化若い芽を育てる会」を発足、現在理事を務める。名古屋音楽学校早期才能開花プロジェクト講師。MPA音楽院Classic&Pops Lab.プログラムオフィサー。名古屋芸術大学専任講師。

梅田智也

Piano

Classic LAB

岐阜県出身。5歳よりピアノをはじめ、これまでに奥村真、杉浦日出夫、長谷正一、西川秀人、東誠三の各氏に師事。愛知県立明和高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業後、同大学大学院修士課程首席修了。修了時にクロイツァー賞、大学院アカンサス音楽賞、藝大クラヴィーア大賞受賞。修了と同時に、ロータリー財団奨学生としてウィーン国立音楽大学に留学し、M.ヒューズ氏に師事。
第62回全日本学生音楽コンクール全国大会第2位、第38回ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞、第12回東京音楽コンクール第1位並びに聴衆賞、リヴォルノ・ピアノコンペティション(イタリア)第2位、第11回ラニー・シュル・マルヌ国際ピアノ・コンクール(フランス)第3位、第9回トレヴィーゾ国際ピアノ・コンクール(イタリア)第1位、第10回浜松国際ピアノ・コンクールにて日本人作品最優秀演奏賞を受賞など数々のコンクールで優勝、入賞を果たす。
東京、名古屋を中心に多くのソロリサイタルを開催する他、2018年2月にはイタリアでのリサイタルを行った。小林研一郎、円光寺雅彦、広上淳一、大井剛史、岩村力、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団など著名な指揮者、主要なオーケストラと共演。ソロ活動の一方で、名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターらと室内楽も行い、好評を博す。A.ヤシンスキ、W.ナボレ、A.コブリン、J.ルヴィエ、B.L.ゲルバー、M.J.ピリス等著名な音楽家のレッスンを受講し研鑽を積む。
現在、東京藝術大学ピアノ科、名古屋芸術大学、愛知県立明和高等学校音楽科非常勤講師。

神原颯大

ソルフェージュコース

Classic LAB

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校ピアノ科、東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、現在同大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻2年(3月修了予定)第24回彩の国・埼玉ピアノコンクール高校生部門金賞、埼玉新聞社賞。第9回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクール(ウィーン)課題曲特別賞。
第20回日本演奏家コンクール大学生部門第2位。第14回現代音楽演奏コンクール“競楽ⅩⅣ”第3位。編曲、伴奏、自作曲を含んだソロ・室内楽の演奏活動など、活動は多岐にわたる。特に現代音楽の演奏が高く評価され、これまでに国内外で45曲以上の新作初演に携わる。作曲を小鍛冶邦隆、ピアノを中井正子、松山元の各氏に師事。名古屋芸術大学非常勤講師。

NAOTO
Pops LAB. プログラムエグゼクティブオフィサー Violin

POPS LAB

東京芸術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらの演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博す。人気ドラマ「のだめカンタービレ」では、オーケストラの選考から携わり、吹替演奏、楽曲提供、ゲスト出演も果たし一躍注目を集める。また、アーティスト活動の傍ら、イベントライブや有名アーティストの音楽監督を担当。これまでに中孝介や柚希礼音のライブのバンドマスター、ポルノグラフィティのライブサポートなどを担当。自身がホスト&プロデュースをしているロックボーカリストと弦楽四重奏によるコラボライブ“Rockin’Quartet”も定期的に開催している。作曲家としても、番組やCMなどに書き下ろし楽曲を提供し、TEAMNACSの主宰公演など多数の舞台音楽を担当。東日本大震災以降、福島県須賀川市の小中学校を定期的に訪問し、NAOTOの活動が認められ、2015年に須賀川観光牡丹大使に就任。

Classic LAB.

●横山幸雄/ピアノ

演奏研究クラス マスターコース1
対象小学4年〜中学生実施回数

年間6回
<前期>
5/16(月)6/13(月)7/4(月)
<後期>
10/17(月)11/14(月)12/12(月)
前期・後期とも時間はいずれも17時〜18時30分開催

授業料60,000円(年間)オーディションあり
課題曲又は内容前期:モーツァルト ピアノソナタ10番 C-dur k.330
後期:ベートーヴェン ピアノソナタ20番 G-dur op.49-2
演奏研究クラス マスターコース2
対象高校生〜大学生以上実施回数<前期>
5/16(月)6/13(月)7/4(月)
<後期>
10/17(月)11/14(月)12/12(月)
前期・後期とも時間はいずれも18時30分〜20時00分開催
授業料60,000円(年間)オーディションあり
課題曲又は内容前期:モーツァルト  ピアノソナタ第4番 Es-dur  k.282
後期:ベートーヴェン  ピアノソナタ第27番 e-moll op.90
特別個人レッスン
対象希望者実施回数年間4回
(1回60分)
授業料160,000円(年間)オーディションあり
課題曲又は内容 
特別講座
対象指導者、演奏家、学生実施回数5/21(土)6/18(土)
7/9(土)10/15(土)
講座1:14時~15時30分
講座2:15時30分~17時
※講座1・2はそれぞれ4回通し、または1・2の8回通しのみ申し込み可
授業料講座1:20,000円(4回通し)
講座2:20,000円(4回通し)
オーディションなし(事前登録制)
課題曲又は内容特別講座1:ショパン『エチュード 作品10&作品25』の演奏法・練習法について
(op.10とop.25を2回ずつ、計4回)
特別講座2: ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11について

●上原彩子/ピアノ

特別個人レッスン
対象 希望者(若干名) 実施回数 年間3回 (1回60分)
授業料 90,000円(年間) オーディション あり
課題曲又は内容
●会田莉凡/ヴァイオリン
アンサンブルコース1(グループレッスン)
対象 小学4年〜中学2年 実施回数 年間8回
※前後期各4回
(1回90分)
授業料 96,000円(年間) オーディション あり
課題曲又は内容 前期    エックレス/ヴァイオリン・ソナタ ト短調
後期    ドヴォルザーク/ソナチネ ト長調 作品100
アンサンブルコース2(個人レッスン)
対象 中学2年以上 実施回数 年間8回
※前後期各4回
(1回60分)
授業料 96,000円(年間) オーディション あり
課題曲又は内容 前期    ベートーヴェン/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第5番「春」作品24
後期    ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番 作品100

●今野尚美/ピアノ

個人レッスン
対象 希望者 実施回数 毎月1回 または 毎月2回を選択
授業料 毎月1回60分 120,000円(年間) オーディション なし
授業料 毎月2回60分 240,000円(年間)
課題曲又は内容

●川田健太郎/ピアノ

個人レッスン
対象 希望者 実施回数 毎月1回 または 毎月2回を選択
授業料 毎月1回60分 120,000円(年間) オーディション なし
授業料 毎月2回60分 240,000円(年間)
課題曲又は内容

●梅田智也/ピアノ

個人レッスン
対象 希望者 実施回数 毎月1回 または 毎月2回を選択
授業料 毎月1回60分 96,000円(年間) オーディション なし
授業料 毎月2回60分 192,000円(年間)
課題曲又は内容

●神原颯大/ソルフェージュ

グループレッスン
対象希望者実施回数毎月2回
授業料 毎月2回90分144,000円(年間)オーディションなし
課題曲又は内容レベル別でA・Bの2クラスに分けてレッスンします。
クラス分けテストを事前に実施します。

Pops LAB.

●NAOTO / ヴァイオリン

ベーシックコース 受講必須
対象大学生以上実施回数年間8回
※前後期各4回
(1回90分)
授業料80,000円(年間)オーディションあり
課題曲又は内容定員:30名、グループレッスン制の聴講型講義
個人レッスン アーティストコース、スタジオ・ミュージシャンコース、サポート・ミュージシャンコース
対象ベーシックコース受講生に限る実施回数年間8回
(1回60分)
授業料280,000円(年間)オーディションあり
課題曲又は内容定員:若干名、コースを重複受講可能

オーディション

応募方法募集期間内に経歴と動画データ(もしくは動画をアップロードしたYoutubeのURL)をお送りください。動画は、顔と手が映るように撮影してください。
募集期間随時検定料6,000円合否発表随時
Classic LAB. ●1.バッハ「インヴェンション、シンフォニア、平均律I,II」よりプレリュード&フーガのいずれか1曲 ●2.練習曲「ツェルニー100番、30番、40番、50番、ショパンop.10、op.25」の練習曲より1曲 1・2の課題から1曲ずつ計2曲を演奏
Classic LAB.●1.バッハ「インヴェンション、シンフォニア、平均律I,II」よりプレリュード&フーガのいずれか1曲
●2.練習曲「ツェルニー100番、30番、40番、50番、ショパンop.10、op.25」の練習曲より1曲
1・2の課題から1曲ずつ計2曲を演奏
Pops LAB.ヴァイオリン●1.J.S Bach Violin Partita No.3 in E Major,BWV 1006: III.Gavotte en Rondeau
●2.こちらが用意したオリジナルの1分程度のポップスの課題曲(楽譜と音源を送付)
●3.自分が表現したいと思うクラシック以外の自由曲(ソロ曲、オリジナル曲、既存曲、バンドパート、ストリングスパートでも可)
1・2・3の課題をすべて演奏
ヴィオラ
チェロ
●1.Bach Cello Suite No.1 in G major, BWV1007 VI Gigue ※ヴィオラはヴィオラ版に編曲されたもの、くり返しは無し
●2.ヴァイオリンと同じ課題ですが、各楽器用に作成(楽譜と音源を送付)
●3.ヴィオラ、チェロ共にヴァイオリンと同様

※上記のほか、入学金11,000円(ただし特別講座のみの受講を除く、税別)を別途申し受けます。
※上記金額は消費税を含んでおりません、別途消費税を申し受けます。

プライバシーポリシー

MPA音楽院(以下「本音楽院」といいます)は、利用者から信頼いただけるホームページを目指すため、個人情報の取扱いに関する方針を定め、利用者からお預かりしている大切なプライバシー情報の適正な管理・利用と保護に努めます。

個人情報

ここにいう個人情報とは、MPA音楽院ホームページ(以下「本音楽院ホームページ 」と言います)の利用者の氏名、性別、年齢、住所、電話番号、電子メールアドレス、その他各利用者固有の情報をいいます。

情報の収集・利用目的

本音楽院ホームページをご利用される場合、一部のコンテンツでは個人情報をお伺いする場合があります。利用者情報の収集は、コンテンツの維持管理および付帯するサービスの提供のために必要とする最小限とします。これらの情報は、コンテンツ作成等の目的の ために利用します。また、必要な情報について、提出のお願いをさせていただく場合がありますが、必要最小限のものを除いて、利用者自身が選択可能なものになっており、利用者の任意でご提供いただけるものです。 尚、本音楽院が、同意なしにお伺いした情報を改変することはありません。

第三者への開示・提供の禁止

本音楽院は、利用者より収集させていただいた個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、如何なる第三者にも開示・提供いたしません。

あらかじめ利用者の同意がある場合利用者が希望されるサービスを行うために本音楽院が業務委託先に必要な範囲で開示する場合、法令により必要とされる場合、と考えられる場合において、必要な範囲で利用者情報を外部に提供することがあります。

業務委託先への義務付け

本音楽院が、上記 3. に基づき個人情報を提供する第三者には、本音楽院と同様の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう契約により義務付け、これを実施させます。

情報の管理

利用者情報を正確かつ最新なものにするために、適切な措置を講じます。また、利用者情報への不正なアクセス等が行われることを防止するため、必要と考えられる対策を講じます。また、利用者から自身に関する情報の開示・訂正の依頼があった 場合は、本人であることを確認したうえで、特別の理由がない限り回答・訂正します。

Google Analyticsの利用について

当サイトでは、サイトの利用状況を把握するためにGoogle Analyticsを利用しています。Google Analyticsは、クッキーを利用して利用者の情報を収集します。Google Analyticsの利用規約及びプライバシーポリシーに関する説明については、Google Analyticsのサイトをご覧ください。 なお、Google Analyticsのサービス利用による損害については、本音楽院は責任を負わないものとします。

MPA音楽院 所在地

〒113-0023 東京都文京区向丘2丁目8−7 クレスト本郷 B1